Top > 経済 > 債務整理と自己破産

債務整理と自己破産

破産認定が済んだ場合に、どういう種類の損失があるのかは、破産を考慮してみた方にとって100%初めに必要な情報だと考えられます。

以下に破産宣告者の被る不利益に関連するリストをまとめ書きにしてみます。

・公的機関の破産者一覧に載せられます。

※公共の証明書を給付するための文献なので大抵の人は見ることが無理ですし、免責の認可が手に入れば取り消しになります。

・官報上で公にされる。

※市販の新聞とは違って書籍店では置かれていないですし、一般の人々には関係性のないことであると考えます。

・公法上でのライセンス限定。

※自己破産者になったなら法曹関係者、税理士などといったような有資格者は失格になってしまうので事業をすることができなくなります。

・私法上のライセンス限定。

※自己破産認定者は後見役、連帯保証者、遺言執行役となることが不許可になります。

その他、合名で立ち上げた会社、合資会社のメンバーそれと株式形式の会社、有限の企業の取締役員、監査担当役の場合、退任理由とされます。

・住宅ローンやクレジット機能を使用することが許されません。

なお、破産管財人事例には次の制限もあります。

・破産者の資産を好き勝手に管理、廃棄できなくなります。

・破産管財係や債権保持者集会の要求があれば十分な解説をしなければなりません。

・地方裁判所の許しがないと居住地の変転や長めの外出をしてはいけません。

・地裁が必要だと認定する場合には捕縛されるときも考えられます。

・配達品は破産管財をする人に送られることになり破産管財人は送られてきた送付物を開けることが許されます。

その他、破産した方の困難に関する、一般人に誤解されがちなポイントを箇条書きにしておきました。

1戸籍謄本また住民票には記述されません。

2雇用主は自己破産したことを理由にクビにすることはできません。

※普通、自分から伝えないかぎり企業に知られることはないでしょう。

3投票の権利や選挙権限などの基本的権利は止められません。

4保証者ではないなら血縁関係者に返済義務などはないです。

5必要最低限の生活に必須な家財道具(パーソナルコンピューターTVを含めて)着用品などは差し押さえ範囲外です。

破産した人の不利益に関して列挙してみました。

破産の申し立てをするのなら返済はまっさらになるとはいえども、上記の不利益が避けられません。

する上で得も困難ちゃんと考慮した方がよいと考えます。
http://tsukareta.rikusuke.com/

経済

関連エントリー
30代からの転職先債務整理と自己破産借金返済いったいどうやって?
カテゴリー
更新履歴
主婦でも借りられるキャッシングの借金の枠について(2014年6月26日)
映画を観に行ってきました!(2014年6月 6日)
結婚式でやりたがっている事(2014年4月28日)
髪の毛と引き換えに...ソフトドレッド(2014年4月22日)
みんなでやってみたいこと(2014年4月20日)